お風呂上がりはのんびりスキンケア

たしかに洗顔料で丁寧に洗ったあととか、お風呂から出たばかりの肌って素肌は吸い付くようにしっとりしているでしょう。ゆったり気分になるのも当然です。

でも、怖いほど確実に乾燥へと傾いているんです。ゆでた野菜があっというまに乾燥するのを思い出してください。

毎日繰り返していれば、スキンケアが追いつかないのも当然です。いずれシワや乾燥による老化が起きてくるはず。

つまり、この時間をうまく使うことが美肌のカギなのです。入浴後や洗顔後は顔を拭いたら時間を置かずにアルコールフリーの化粧水で保水ケアしましょう。

日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は肌全体にに水分と油分が最適のバランスでキープされており、きめ細かい肌になっています。

水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、シミ予防の役割も果たしています。日頃から保湿ケアを欠かさず、乾燥しないように注意を払ってください。

肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、最初に、毎日のお肌のお手入れで気になるシミを目立たなくしたいと思いますよね。ですが、日ごろのケアではどうにもならない時はレーザー等を用いてシミを消す治療法もあります。

また、エステサロンでは光を使った施術で顔にできてしまったシミに対応したメニューを行っている店舗もあるのですが、美容外科などでは、もっと強力なレーザー光線による治療で気になるシミをキレイにすることができます。お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により変化をつけなければなりません。

ずっと同じやり方で、お肌のお手入れをしていけば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというようにお肌にとって大切なことなのです。

肌にふれる空気や気候に応じて方法を使い分けることもお肌のためなのです。産後に体質が変わったという話は良く聞きますが、肌もその例に漏れないようです。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大きく、しわやシミ、肌のたるみなどが起きます。個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。

エストロゲン(女性ホルモン)は肌のハリを保つ効果がありますが、出産後の急な減少のせいで肌が乾燥し、産後の疲労と相まってさまざまなトラブルを起こすこともあるようです。肌が過敏になるので、いままで大丈夫だった化粧水が合わなくなることもあります。

できるだけ刺激(添加物)の少ないスキンケア商品を選んで、たっぷりと肌を保湿するようにしましょう。ベビーちゃんと一緒に使えるケアアイテムもあるようです。

マユライズの口コミと効果をまとめてみた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です